故人様・ご遺族様の想いを 大切にするご葬儀を形に。 沖縄のお葬式は 那覇葬祭会館(本館・第2・第3・南ホール・中部ホール)・宮古島のお葬式は メモリアルホール中央会館

葬儀の手順

ご臨終

病院などでお亡くなられた場合、
看護師さんがお体を清めてご支度します。

霊身送り

総合葬祭那覇の霊身車で、病院から自宅もしくは
総合葬祭会館の霊安室に移送致します。

納 棺

故人を棺の中にご案内します。お土産などを持たせる準備をします。故人の好きだったものを持たせるのが良いでしょう。

お通夜

親族や関係者が弔問に訪れます。

出 棺

火葬場へ出発。遺族の方は早めに集まります。

収 骨

お遺骨を骨壷の中に収めます。

葬儀告別式

遺族の方は前もって集まります。
葬儀を終えた後、一般の方の告別式に移ります。

納 骨

故人をお墓へご案内します。
主に告別式終了後、直接お墓に向かいます。

葬儀の心得

病院で亡くなった時 医師から臨終を告げられたら、まず肉親へ連絡します。同時に御遺体を運ぶ車の手配をします。
※総合葬祭那覇で病院から自宅へ搬送いたします 。
自宅で亡くなった時 すぐ医師に連絡します。加療中なら主治医に、日曜・祝祭日で医師が不在なら警察に連絡します。
※死亡診断書(死体検案書)をもらいます。
遺体の向き 一般に、頭を北枕か西枕にするのが多いようです。
※地域によっては南向きにするところもあります。
末期の水(死に水を取る) 新しい割り箸の先に脱脂綿かガーゼを白糸で巻き、茶わんに入れた水に浸して唇を濡らします。
神棚封じ 神棚は扉を閉じ、半紙で封じます。絵、鏡、アクセサリーなど、装飾品も白布か半紙で封じます。
写真 故人の面影のある鮮明な写真を準備してください。

以上は、基本的なものですが、地域によっては風習が違いますので、詳細については、各地域の長老たちか、総合葬祭那覇までご相談ください。

宗派別の焼香・拝礼のマナー

沖縄においては仏式による葬儀がほとんどですが、最近ではキリスト教式で行う場合も増えつつ あります。 それぞれの作法に合わせて礼拝しましょう。

仏式

1. 僧侶・遺族に一礼したあと、祭壇に向かって一礼し、右手の親指・人指し指・中指で香をつまむ 2. つまんだ香を目の高さまで持ち上げ、三回に分けて香炉に落とす 3. 合唱し、僧侶・遺族に一礼してから退座

神式

1. 玉串の葉先を左手、根元を右手で、上から持つようにして受けとり玉串案の前で一礼 2. 玉串を時計回りに回し、根元を祭壇に向けて置く 3. しのび手で二杯二泊手一拝する

キリスト教式

1. 根元を右手にして花を受けとる 2. そのまま祭壇に進み花をおしいただいて一礼する 3. 花の根元が祭壇に向かうように持ち直し、静かに置く 4. 深く一礼して退座する
各会館のご紹介那覇葬祭会館 本館 那覇葬祭会館第2 那覇葬祭会館第3 那覇葬祭会館 南ホール 那覇葬祭会館 中部ホール  中央葬儀社「メモリアルホール 中央会館」
ご葬儀について葬儀プラン例生花祭壇コレクション 葬儀の手順よくある質問
事前相談 ゆかりの会 供花のご注文フェイスブック
本社
詳しくはこちら
豊見城支店
詳しくはこちら
中部支店
詳しくはこちら
中央葬儀社(宮古支店)
詳しくはこちら
このページの先頭へ